智属性

【天華百剣】冴える剛剣 同田貫正国!!(刀剣の歴史・依頼・巫剣紹介)

現在掃討特務で大活躍中の同田貫正国(どうたぬきまさくに)について書きました。「女らしさなんて要らない」という彼女ですが、実際は可愛らしい娘です! ぜひ見てください(^^)/

基本情報

巫剣属性 智属性
タイプ 強撃
手入れが発生する贈り物 ケーキ
得意依頼 巡回・調査
親愛度2倍選択肢 「ケンカじゃなくて警備だろ」
報酬2倍選択肢 「帰ったら月を見ながら一杯やろう」
リーダー効果 息吹ノ心得(巫剣の体力を僅かに上昇する)




刀剣としての同田貫正国

肥後国(熊本県)の刀匠集団『同田貫派』の祖といわれる、同田貫正国の作った刀です(同名刀が複数あります)紅葉狩兼光の所有者だった加藤清正お抱えの刀匠でして、同田貫正国の『正』の字は加藤清正から授かったといいます。豊臣秀吉の朝鮮出兵に加藤清正が参戦する際、同田貫が多数の刀を供給し、これが同名刀の多い理由のひとつと言われます

同田貫の刀は見た目をまったく気にせず作られているため、美術品としての価値はあまりないそうですが、その分実戦向きに作られており、日本刀の特徴である『折れず、曲がらず、よく斬れる』を地で行く作品です。同田貫正国は重心が切っ先に寄るよう設計されているため、遠心力が斬撃の重さに強く加わるそうです。多数の刀が現存しており、多くは熊本県の玉名市歴史博物館の所蔵です

天覧兜割り

1886年(明治19年)に天皇が観賞する(天覧)演武会があり、榊原鍵吉(さかきばらけんきち)という剣豪が同田貫を用いた据物斬り(すえものぎり・置いてあるものを斬ること)に挑戦しました。鉄製の兜を斬ることになったそうですが、見事に斬り込みを入れたそうです。兜は室町時代末期に『日本最高の甲冑師』と呼ばれた方の作だったそうで、本来斬れるものではありませんでした

1876年(明治9年)には既に廃刀令が発布されていましたが、同田貫の名はこれにより一躍世に知れ渡ります。しかしこのとき使用された同田貫派の刀がどれなのか、はっきりしないそうです(同田貫派には『正国』意外の刀匠が打った作品もあります)もちろん『同田貫正国で斬った』という説もありますよ(^^)/




天華百剣の『同田貫正国』

あれ、思ったより…

僕は最初、タヌキが嫌いでした(笑)何故なら全巫剣中最もがさつで、二言目には「ケンカがしたい」というからです。そんなに暴れたかったらちよねーに相手してもらえや~~! しかしタヌキは個別ストーリーを見ると印象が良くなります。『可愛く見えてくる』というよりは『人として良いやつに思えてくる』でしょうか。意外と常識人ですし、可愛いところもあります

待望の新衣装!

お洒落するタヌキが見たかったのです! 2020年4月度実装の新衣装は『春服』ですが、大三原と安芸と違ってタヌキは実用性も重視してるところが『らしい』ですね(笑)キャラソンは『おめかし*夢見し*恋拍子』ですが、聴いてるとなんか可愛い声が…大人びた色っぽい声じゃないし、広島弁でもないし、消去法で……タヌキ! お前か!(笑) 本人は気にしていますが、すごく良い声ですよね。担当声優は貫井柚子さんです

 通常Ver.もすごいんだ!

お洒落に興味がないタヌキですが、首に鍵型のチョーカーをつけてるんですよね。なんで?と思ったのですが、上記の『兜割り』を行ったのが”鍵”吉さんだからでしょうか?(笑) また、タヌキは新鮮組のようなダンダラ模様の拵え(こしらえ・服)をまとっていますね。これは新鮮組隊士のひとりが、同田貫派の刀を所持していたからと思います。イラストレーターの黒獅子(くろじし)先生も、多くの新鮮組の巫剣を書きおろされた方ですね!

以上、同田貫正国の記事になります。タヌキはまさに刀剣擬人化といった感じで、調べているうちに非常に好きになってきました。SR強撃タイプは魅力的な娘が多いですが、タヌキもしっかり育成しましょう!




ABOUT ME
遊羽
天華百剣が大好きでブログを書き始めました!!