仁属性

【天華百剣】石田切込正宗、キミの笑顔が見たい(刀剣の歴史・依頼・巫剣紹介)

石田切込正宗(いしだきりこみまさむねについて書きました。イラストレーター みづきたけひと先生描き下ろしの超美人です。ぜひ見てください!

基本情報

巫剣属性 仁属性
タイプ 標準
手入れが発生する贈り物 水墨画
得意依頼 巡回・調査
親愛度2倍選択肢 「この調子で頑張ってくれ」
報酬2倍選択肢 「いっしーの意思は強いな」
リーダー効果 防護ノ心得(巫剣の防御力を僅かに上昇する)




刀剣としての石田切込正宗

天下の刀匠、相州正宗が打った刃長68.78cmの太刀ですが、元来はもっと長尺な刀だったそうです。棟(むね、刀の刃の無い方)の切先に近い部分と持ち手に近い方に切り込み疵があるのが特徴です。疵は美術品としての刀剣の価値を下げますが、石田切込正宗に関しては所有者であった石田三成(いしだみつなり)が奮戦したあととも言われ、戦歴を語る勲章になっています

石田切込正宗の歴史

石田三成の愛刀だったことからこの名がつきました。元は毛利若狭守(もうりわかさのかみ)という大名が所持し、豊臣政権の政治を担当していた宇喜多秀家(うきたひでいえ)が買い上げ、彼から三成に贈られたそうです。秀吉亡き後の権力争いで三成が襲撃されたとき、護衛をしてくれた武将 結城秀康(ゆうきひでやす)に感謝の意を込めて贈られ、以降結城秀康の家系に伝来します。結城秀康は敦賀正宗を所持していたため、彼女とはそこで知り合いました。江戸時代中期、後期には結城秀康の末裔である津山松平家(岡山県東北を治めていた家)に渡り、童子切安綱、稲葉郷と並ぶ三種の宝物とされていました。その後個人蔵となり、現在は東京国立博物館の所蔵です




天華百剣の石田切込正宗

天華では”いっし-”の愛称で親しまれています!

戦闘モーション

石田はSR標準タイプですが、共鳴刀装によって風属性を付与できるので、式童子、推命行者、六道戒聖の弱点を突けるのが嬉しいです。得意技は吹衝(不動行光たちと同じ吹き飛ばし攻撃)、奥義は八文字長義たちと同じ前方範囲攻撃です

不幸を呼ぶ……?

石田は「拙者に関わると不幸になるぞ」が口癖でして、性格はかなり後ろ向きです(雷切丸とどっちがネガティブかな……)美人なのに勿体ないですよね。何故こんなに暗いのでしょうか? やはり石田三成の最後が関係していると思います……石田三成は関ケ原の戦いで西軍を組織し、徳川家康率いる東軍と戦ったのですが、結果は敗北。三成は捜索隊に捕縛されます。その後城の門前で生き曝しにされ、大阪、堺の市中を引き回され、京都の川原で斬首されます(享年41歳です)。後の所有者、結城秀康も34歳で病死していますが、江戸時代で享年34歳は特別早逝ではないとの見方もあります

幸せに向かって……!!

しかし禍憑を祓ってくれる彼女に『人を不幸にする』なんて能力、あるはずがありません! 友達も多いんですよ? いっしーにはみんながついています。稲葉郷、童子切安綱、敦賀正宗、にっかり青江、義元左文字、そして隊長が側にいます。みんなと一緒に、銘治の世で幸福になってほしいですね!!(^^)/

以上、石田切込正宗の記事になります。『薄幸の美少女』キャラなので刺さる人には刺さりますよね……初期SRなので特別Ver.を楽しみにしていた方も多いはず! かくいう私も心待ちにしていました(≧▽≦)/




ABOUT ME
遊羽
天華百剣が大好きでブログを書き始めました!!