日本刀・歴史

【天華百剣】日本刀の名付け方をどこより分かりやすく解説する!!

こんにちは、遊羽です。突然ですが天華百剣のキャラクターって名前が難しくないですか? もちろん実在の日本刀をモチーフにしているからなのですが、僕はゲームを始めたばかりのころ「三日月宗近(みかづきむねちか)は『三日月』が苗字で『宗近』が名前なの?」とか「あれ?でも雷切丸(らいきりまる)は苗字がなくてただの『雷切丸』だよね?」とか「長曾祢虎徹(ながそねこてつ)って男みたいな名前だなあ。刀だから強そうな名前にしたの?」などなど、疑問を持っていました

しかし調べているうちに日本刀の名付け方にはいくつかのパターンがあるということが分かりました。ぜひ読んでください!!

1刀匠の名前そのまんま

長曾祢虎徹が該当します。いやあ驚きました。なんと日本刀は作った刀匠の名前が刀にもついていることがあるそうです。つまり長曾祢虎徹は長曾祢虎徹という人物が作ったのです!!

やけに男らしい名前だと思ったらマジで男の名前だったなんて!! 「そんなの知ってるよ」という人はいいかもしれませんが、虎徹が結構好きな僕は衝撃でした(;^_^A この事実を受け入れるのに2分くらい時間を要しましたね…最終的に「巫剣は戦う存在だから、父の名を受け継いでいる」とか、よくわからん設定をひねり出すことで自分を納得させました(笑)では次!!

2地名+刀匠の名前

日光助真(にっこうすけざね)がそうです。日光助真は一文字助真(いちもんじすけざね)という刀匠が打った刀なのですが、日光東照宮に収められていることから“日光助真”と呼ばれるようになりました。この『地名+刀匠の名前』パターンは他にも日光一文字桑名江が該当します

3使い手、所有者の名前が入る

青木兼元(あおきかねもと)がそうです。青木兼元はもともと孫六兼元(まごろくかねもと)という刀匠が打った名刀なのですが、実際に戦場で使用して武勲を立てたのは青木一重(あおきかずしげ)という武将です。なのでこの名で呼ばれるようになりました。この『使い手、所有者の名前が入るパターン』は他にも城和泉正宗石田切込正宗が当てはまります




4戦いの名前が入るパターン

長篠一文字(ながしのいちもんじ)がそうです。長篠一文字は一文字派という刀工の一派が作った刀で、かの有名な織田信長が所有していました。1575年、長篠の戦いにて戦功を収めた武将に対し、織田信長が恩賞としてこれを授けます。これにより“長篠一文字”という名で呼ばれるようになりました

この『戦いの名前が入るパターン』はドラマチックで好きなのですが、長篠一文字以外に当てはまる巫剣がいないように思えます。もしいたら教えてくださいね(*^▽^*)/

5あだ名+刀匠の名前

天下五剣の一振り三日月宗近がそうですね。三日月宗近は『三条宗近』という方の作品なのですが『三日月のような刃紋が美しいから』という理由で『三日月宗近』と呼ばれるようになりました。他には『にっかりと笑う幽霊を斬った』という逸話のある『にっかり青江』や、五匹の虎を退けたという伝説を持つ五虎退吉光(ごこたいよしみつ)が該当します。個性的でいいですね!




6完全にオリジナルネーム

刀匠の名前が一切入らない、自分だけの名を持つ巫剣を紹介します。大俱利伽羅(おおくりから)がそうですね。竜(俱利伽羅竜)が刀に彫られているから、大俱利伽羅と名付けられたという。他には雷を斬ったという伝説を持つ『雷切丸』や、刀身に北斗七星の模様がある『七星剣』がそうです。かっこいい名前が多いです!!

7菊紋を入れる許可が降りた

菊一文字則宗がそうです。 菊一文字則宗は『則宗』という一文字派の刀匠の作品なのですが、当時の天皇(上皇)が大層な刀剣好きで、日本のあちこちから名刀工を集めては作刀をさせていたそうです。則宗はこの務めを果たした褒美に皇位の紋である菊花紋を茎(なかご・普段持ち手に隠れているところ)に入れることを許可されたそうです

故に『菊一文字則宗』と呼ばれるようになったそうですが、思っていたよりずっと由緒正しい歴史があって驚きました(;^_^A ちなみに天華百剣の菊一文字則宗はこの菊花紋のチョーカーをしています。イラストレーターさんがこうした背景を意識してくれたのでしょうね 




8最高傑作パターン

最後に、名付け方の最高傑作パターンを紹介します。これは大包平(おおかねひら)がそうなんですよね

かつて日本にはその刀匠の最高傑作に『大』の字をつける風習があったそうです。大包平は『包平』(かねひら)という名匠が作りだした最高傑作なので、この名がつきました。大包平は天下五剣に匹敵する最高のひと振りとされ、見た目の美しさや長尺であるにも関わらず軽量なことが絶大な評価を得ています。書籍によっては堂々と『日本刀の最高傑作』と書かれています(笑)

さて、ここで疑問になるのが『大俱利伽羅は最高傑作なの?』ということです。大俱利伽羅が愛刀の僕としては非常に気になるところでして、いろいろと調べ直してみたのですがどうやら違うようです(俱利伽羅竜の彫り物が大きいからとか…『大』の字が縁起がいいから入れただけかもしれませんが…)

天華百剣には他にも『大』のつくキャラクターがいますが、必ずしもベスト・オブ・ベストの作品だから『大』ってついてるわけじゃないそうです……そこは最高傑作だから『大』ってつけたでいいやんけ~~~~!!!!

以上、日本刀の名前の付け方を解説する!の記事になります(^^)/ 調べているうちにいろんな巫剣のことがわかって楽しかったです(笑)そしてひとつ気づいたのですが、「刀といえば天下五剣がすごい」とか「大包平がすごい」とかいわれていますが、巫剣のモデルになった刀はどれも超のつく名刀ばかりということです。自信を持って自分の愛刀を推していきましょう!! 




ABOUT ME
遊羽
天華百剣が大好きでブログを書き始めました!!